タイ入国制限下でもビジネス調査目的での入国はできますか?

既にご存じの通り、2020年8月30日現在、新型コロナウィルスによる影響によりタイへの入国には制限が設けられており、駐在員の方などはCOE(入国許可証)を取得した上で在日タイ大使館が手配する特別便でタイに渡航する必要があります。

では、ビザを持たない方が、今からタイで新規起業するためにビジネス目的でタイに渡航して調査をする事は出来るのでしょうか?

答えはNOです

2020年8月30日現在、タイへ渡航するには就労ビザや配偶者ビザなどを取得している必要があり、現時点で観光ビザは申請受付再開されておらず、再開予定も未定となっています。

可能性があるとすれば、下記ニュース記事で紹介されている隔離観光パッケージを利用する事ですが、入国後は最低でも3週間は所定のホテルでの滞在を強いられるため、ビジネス調査目的での渡航に気軽に利用する事はできないでしょう。

その様な方の為に、弊社では30分以内の電話相談であれば無償で、そして、タイ国内での調査代行なら1時間あたり最低1,000バーツ(調査内容・場所により別途見積もり)よりご提供しております。

https://thai-kigyosien.com/02-charges

もし、タイでの新規起業にご興味がおありの方は、是非、弊社までご相談頂ければ幸いです。

 

お問い合わせ・ご相談・見積もり依頼フォーム

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイ個人起業支援会公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事