スワンナプーム空港、プライオリティレーンの使用を厳格化

スワンナプーム空港、プライオリティレーンの使用を厳格化 | アジアトラベルノート

バンコクのスワンナプーム空港を管理するタイ空港公社は、同空港におけるプライオリティレーン(優先レーン)の不正利用が横行しているとして7月より対応を厳格化することを明らかにしています。
現在、複数の業者がいわゆる「ファストトラックチケット」の類を有料で販売しているようですが、7月1日以降これらはすべて無効となるそうです。

今後、出入国時の優先レーンが使えるのはファーストクラス及びビジネスクラスの乗客、体が不自由な乗客、タイランドエリート会員など本来の目的に沿ったものに限定されます。

スワンナプーム空港を利用される方はこの手のチケットを購入しないようご注意下さい。

 

お問い合わせ・ご相談・見積もり依頼フォーム

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイ個人起業支援会公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事