タイは高齢社会(高齢社会)に移行しており、国連世界人口年代のデータによると、2009年以降、人口は依存していることがわかります。子供と高齢者 働く年齢にはより多くの人々がおり、仏暦2560年(西暦2018年)には人口の割合が若い人より年配者が多くなった事はタイの歴史上初めてとなります。
このような状況は、妊孕性の急速な低下によるものです。そして、死亡率の継続的な低下とともにタイの高齢者の数と割合は急速に増加しています。
タイの人口は6,460万人、高齢者の人口は960万人で、2030年には1730万人(26.3%)、2083人は2050万人になると推定されています。 

お問い合わせ・ご相談・見積もり依頼フォーム

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイ個人起業支援会公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事