2018年10月に東京で出張個別相談会の開催予約受付中

亡き妻の母国に恩返しを

つぶやき・ひとりごと

亡き妻の母国に恩返しを  2018年09月08日

◇豪雨ボランティア タイ人男性 呉で奮闘

◇土砂かき出し、がれき運び

西日本豪雨で大きな被害を受けた呉市安浦町で、母国でニュースを見て来日したタイ人男性がボランティア作業に汗を流している。

男性を被災地に向かわせたのは、4年前に亡くした日本人の妻への思い。

「妻が育った日本への恩返しになれば」と懸命に土砂やがれきを運び出している。

男性は、タイのバンコク在住、宝石卸売業モントリー・ルーアンクナロムさん(63)。

20代だった1980年代半ば、仕事で来日し、知り合った日本人の女性と結婚。

親には猛反対されたが、妻の両親は温かく受け入れてくれた。

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超。

コメント

PAGE TOP