バンコクで電子タバコの使用による日本人逮捕者が続出中!

加熱式タバコは喫煙でない」と誤認している人は17%も

また大和教授は、iQOSの全国販売の開始から8カ月後の2016年12月に、大分県の人口8万人の自治体にある自動車製造業の職員3155人(男性3008人、女性147人)を対象にアンケートを実施した。

集計率は100%で、全男性職員の回答をまとめたところ、1566人(52.1%)が紙タバコの喫煙者、273人(9.1%)がiQOS常用者で、そのうち140人(全男性職員の4.7%)が重複使用者だった。

しかも「加熱式タバコを使用することは『喫煙である』と思うか」の問いに対して、「いいえ」と誤った認識を示した人は17.0%だった。

だが、男女で比較すると、男性が17.4%、女性が8.9%と、男性が女性よりも誤認識の割合が有意に高かった。

同じ質問の回答をタバコ製品の「①現使用者」「②元使用者」「③非使用者」ごとに分析したところ、
「加熱式タバコを喫煙であると思わない」の割合は、「①が22.4%」「②が10.2%」「③が6.4%」だった。

科学の叡智が解明し、気づかせてくれる厳然たる明白な事実を知るべきだ。
疑わしきは選ばず。
死のトリアージュをタバコに委ねる愚劣だけは避けたい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイ個人起業支援会公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事