タイで取得可能なビザの種類としては、

① 就労ビザ ⇨ タイの会社(日系問わず)に就職して取得。または自分で起業するために会社を作るかのいずれか。

② EDビザ ⇨ タイのEDビザを扱っている学校(語学学校、大学など)に入学して取得。一般的に1~3年程度が限界。

③ 観光ビザ ⇨ タイ国内では取得できないので、ラオスなどのタイ大使館で申請。3~4回取得すると取れなくなり、1年が限界。

④ 投資ビザ ⇨タイに1000万バーツ(約3500万円)以上の投資をした場合に取得が可能。投資を続けている間はビザ取得可能。

⑤ エリートビザ ⇨タイエリートクラブに入会する。入会金200万バーツ、年会費2万バーツ。20年間の会員権が与えられ、その間は5年間のマルチビザを連続で取得可能。

 

個人起業家にお勧めなのは、以下の流れです。

  1. タイで会社設立してビジネスビザを取得して働く
  2. 2~3年後にタイ人と結婚する(夜の仕事以外の女性と)
  3. 40万バーツの口座を作成して家族ビザに切り替える(申請書類が少なくなり簡単になる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイ個人起業支援会公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事