個別相談会のお知らせ

タイで個人起業に必要な費用(弊社の代行費用)

起業関連

個人が起業に必要な手続きを弊社が代行して行う場合の費用は以下の一切の会社設立処理から3ヶ月の支援サポートを含んで 60,000バーツ(概算で21万円)です。

手続きの際に発生する政府手数料などが総額で15,280バーツほど別途かかります。


タイで個人起業に必要な費用(個別に依頼するとムダな費用がかかります)

各種規定(ルール)に関する調査
⇨ 簡単な調査を社内で行う場合は10,000バーツです。
本格的な調査を専門会社に頼むと最低でも50万円くらいかかりますが、紹介は可能です。

タイでの会社設立形態の選択
⇨ 非公開株式会社以外に形態を選択できる人はほとんどいません。

会社名(商号)の予約・決定
⇨ 予約後30日以内に最終登記しないと権利が無くなります。

基本定款の選定
⇨ 工業用(製造業)、商業用、サービス業3種類あります。

定款作成(最終登記用)
⇨ 基本定款がテンプレートが古いため、追加で実際に起業する業態を追加する必要があります。
定款作成代行10,000バーツから

会社設立総会の開催
⇨ これは議事録作成代行3,000バーツで開催処理できます。

会社設立登記(最終登録)
⇨ 200万バーツで11,000バーツかかります。

タックスID番号の取得と税務登録(VAT)
⇨同行サポートで5,000バーツから

ビジネスビザ申請・取得
申請用紙作成で3,000バーツから

・ワークパミット(労働許可証)申請・取得
⇨ 申請用紙作成で15,000バーツから

・銀行口座の開設
⇨ 書類作成サポートは3,000バーツから、同行サポートは5,000バーツから

上記手続きの際に発生する政府手数料などが総額で15,280バーツほどかかります。

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超。
関連する投稿記事へのリンク

お問い合わせ

ご不明な点があれば、お問い合わせ下さい。
LOBiのオンライン英会話スクール

たった6つのポイントで「英語が話せない」は解決できる!
どうしたら日本人が英語を話せるようになるかを、研究して、ついに日本人が英語を話せるようになるためのメソッドが出来上がりました!!
そのメソッドには6つのポイントがあります。
これをすべて読み終えたとき、
あなたはどうしたら英語が話せるようになるかを、完璧に理解することができる。
そうお約束します。
起業関連起業支援サービス法人設立
JWC横須賀をフォローする
タイで個人で起業するという事業 | タイ個人起業支援会のブログ