タイ天然資源・環境省の発表によると2017年11月以降タイの主要20ヶ所のビーチでの喫煙者には1年間の懲役または10万バーツの罰金が科せられるそうです。

天然資源・環境省の専門家ジュタポーン氏は以下のように述べています。
「プーケットにおいてはタバコの吸い殻がビーチのゴミの大部分を占めており、調査の結果、海岸2.5キロエリアに約13.8万本もの吸い殻があった。」
一人ひとりの吸い殻は数本でも、全部合わせるととんでもない数になる実例ですね。

ビーチは禁煙になりますが、近くに喫煙所は設けられる予定ということです。

罰金は10万バーツになるそうです。お気をつけください!!

また吸殻が出なければいいというわけではなく、
電子タバコも罰金対象となりますので、お気をつけください。
こちらの罰金はさらに高額で50万バーツだそうです。

電子タバコは、実際に使用していなくても持っているだけで、処罰の対象になりますので、
タイ国内には持ち込まないことを強くお勧めします。

お問い合わせ・ご相談・見積もり依頼フォーム

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイ個人起業支援会公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事