タイのアルコール販売規制は日本よりずっと厳しい!?

気になる記事やニュース

バンコク及び近郊のセブンイレブンがLEOブランドのビールサーバーを設置し、1杯49バーツで販売していました。
コップをセットすると、自動的に斜めに傾けて注いでくれるマシンで話題になっていましたが、アルコール管理法違反とされています。

サーバーにあるブランドロゴが、同法で禁止されている広告宣伝に該当、また自動販売機を使ったアルコール類の販売も禁止されているもの。

メルマガ「今日のタイねた」 3242号 10月5日より転載
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/m/0000096744.htm

Print Friendly, PDF & Email

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超。

お問い合わせ(無料)フォーム

タイの起業で分からない事やお困りの事がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
関連する投稿記事へのリンク

コメント