2018年10月に東京で出張個別相談会の開催予約受付中

「そして最後にヒトが残った ネアンデルタール人と私たちの50万年史」から見るビジネスのこれから

つぶやき・ひとりごと

生き残る人はコンサバティブ(保守派)では無くイノベーター(革新派)!

”最も強い者が生き残るのではない。最も賢い者が残るのでもない。唯一生き残るのは変化する者である。”

ビジネスの現場において、これまで何度この言葉を聞かされたことだろうか。人類の生存戦略を簡潔に表したこの言葉は、言わば企業の生き残りをかけて戦う姿勢を鼓舞するワードとして、数多の局面で使われてきた。

 
コンサバティブ(保守派)……役柄が変わるのを好まず、現状維持に全力を尽くす。
イノベーター(革新派)……何度でも繰り返し役柄を作り変える能力を持つ。
・生き残ろうとして現状維持に躍起になって、進化の道から外れて滅びてしまった人類や動物たち。
・進化とは弱者や敗者たちの中から激動する環境にたまたま合致した能力を持っていた者だけが、生き残ってきたという厳しい現実。
・力があって勝った者は現状維持に一生懸命になって環境変化に対応できなくなって滅ぶという怖い事実。
 
ビジネスの世界も全く同じで、常に改善と改良という変革だけではなく、まったく新しいものを生み出して革新を達成した者だけに未来がある。という事なのでしょう。
 

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超。

コメント

PAGE TOP