タイ語はもちろんですが、タイ人の考え方が理解できないと、起業してもうまく経営できずに困ることになります。

幸いインターネットでは様々な人が様々な立場で「タイ人について」発信しています。

タイ人からすると、「日本人は周りに迷惑を掛けないことを重視するが、周りを助けようともしない。それに比べタイ人は、迷惑を掛けることには無頓着だが、周りが困っていたらすぐに手伝う」「優しさでは日本人に負けない」という話を聞きました。

 

都会では女性の晩婚化が進んでいます。バンコクなどで精力的に働くキャリアウーマンの中には、結婚に意味を見いだせない女性たちも増加中。 「夫にお金を吸い取られるくらいなら、自由に生きたほうがいい」と考える女性も多くなってきています。
その背景には、タイ男性の「結婚後の豹変ぶり」があるようです。 独身の時は優しく、頼りがいのあった人が、とくに働き者の女性と結婚した途端に働かなくなるケースが多いといわれます。 キャリアウーマンにとっては、結婚をためらってしまうのも仕方ないのかもしれません。
とはいえ、タイではまだまだ「結婚していない人はおかしい」という考えが一般的。地方に行くほど、その常識が根強いのは日本と同じといえるでしょう。
女性たちにとって理想の結婚相手は「きちんと稼いでくれて、浮気をしない男性」。 タイ男性が、どちらかというと「ヒモ体質で浮気性」とされることを考えると、納得できます

 

タイ人ってどんな人種でしょう?私達に日本人とどのような所が違うのでしょう?
今までに気がついた日本と違うタイ人スタイルを書き留めてみました。
以下の項目はタイ人誰にも言える事ではありません。同じタイ人でも千差万別です。しかし長年気になっていた事で、圧倒的なタイ人が以下の行動言動に走る場面を頻繁に目する事柄です。
もともとタイ人は温和な性格の人種で、決して争い事は好みません。古代より食料事情に恵まれた国ですので、危機感が無くおっとりした性格です。

自動車運転:
割り込み当たり前。斜線をまたいて走行する。高速道路など3車線以上ある道路は中央車線が遅い車の走行道。タイ人の自動車運転は下手、それはタイ人達も知っている。だから回りの車両を信用しない。日本のような教習制度があれば運転技術は平均化しているので、まさかの「そんな事しないだろう運転」による大きな事故が多い。

 

海外旅行に行くと、必ず経験するカルチャーショック。

タイにおいても、カルチャーショックを感じるシーンがありますw

同じアジア圏なのに、いろいろあるんですよねw

「え!なにそれ!?」って感じの大きいショックから、

「へー、そうなんだ」っていう小さい気づきまで。

そこで今回は、タイのあるあるカルチャーショックを紹介していきたいと思います!

お問い合わせ・ご相談・見積もり依頼フォーム

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイ個人起業支援会公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事