リタイアメント10年ビザはいかがですか?

リタイアメントビザ リタイヤメント・ビザ関連

036

以前に「50歳以上の外国人向け10年ビザを政府が承認」という記事を書きましたが、リタイヤメントするためのビザとしては、かなり高いハードル(銀行口座に300万バーツ以上の預金)があるため、この条件をクリアできる日本人はあまり多くないと見ています。

(300万バーツとは現在のレートで960万円以上となるため、もともとタイで老後を過ごそうと思う人はタイの安い物価などに引かれてタイを目指すため、ミス・マッティングとなるでしょう。)

リタイヤメント(ロングステイ)ビザ1年新規申請サポートプロモーション:

リタイヤメントビザ1年新規申請サポート:8,000バーツの20%オフで6,000バーツ(2回同行)

リタイヤメントビザ10年新規申請サポート:8,000バーツ(要申請料別途10,000バーツ)

年金もらってタイで悠々自適」はすでに現実的ではない

「タイなら物価が安いから年金で悠々自適」などという言葉に夢見て渡タイする年配男性も多いようですが、安いのは屋台で食べる食事だけ。最近は物価もあがり、日本とさほど変わらなくなってきているものも多いです。さらに健康を害した場合、また介護が必要となった場合、介護事業・介護制度の整っていないタイでは日本のような介護生活を期待するのは難しいでしょう。

歳をとれば健康にかかるコストは増えていきます。そうなる前に言葉を覚え、行きつけのローカルクリニックでもあれば別かもしれませんが、日本語通訳のいるような私立病院で快適に・満足できる医療を受けるには年金だけでは不十分です。他国に比べて取得しやすかったリタイヤメントビザの取得要件も年々厳しくなっているようですし、「年金もらってタイで悠々自適」とは簡単にいかなくなっている、というのが現状です。

「今更日本に帰ってどうするの ?住むところも車も処分してきて、なにも残ってないよ。タイにいるしかないんだよ」

以前、Aさんが私に言った言葉です。気持ちはわからないでもありませんが、タイは(フィリピンも)姥捨て山ではありません。しっかりとした将来設計(老後計画)を持たないと、「暖かい国でのんびりサバイサバイ」というわけにはいかないのが現実です。

参照元:http://anngle.org/column/thai-pension-dream.html

Print Friendly, PDF & Email

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超。

お問い合わせ(無料)フォーム

タイの起業で分からない事やお困りの事がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
関連する投稿記事へのリンク

コメント