2018年10月に東京で出張個別相談会の開催予約受付中

タイ国プーミポン国王が崩御

タイのニュース

タイ国プーミポン・アドゥンヤデート国王が崩御

(世界で最も在位の長い国王として知られたタイのプーミポン国王が亡くなりました。88歳でした。たびたび政治の混乱が起きてきたタイの安定の要となってきた国王の死去はタイの政治や経済にも影響を与えるものと見られます。

タイの王室庁は日本時間の13日午後9時前、声明を出し、プーミポン国王が13日死去したと発表しました。

プーミポン国王は、1946年に18歳で即位して以来、国家元首として70年にわたって国を治め、世界で最も在位の長い国王として知られてきました。

プミポン国王と書いているところがほとんどですが、プーミポン・アドゥンヤデート国王が正しいと思います。

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超。

コメント

PAGE TOP