調査概要

調査方法
ランダムロケーションクオータサンプリングによる訪問面接調査
調査時期
2016年4月(前回は2015年6月、前々回は2014年7月)
調査対象者
タイ()、インドネシア(ジャカルタ)、ベトナム(ホーチミン)、インド(デリー)各都市に3年以上居住、かつSEC(*2)=A~D の20~59才1,200名 (各都市300名)
調査実施機関
株式会社インテージおよび海外グループ会社

PICK UP

  • オンラインショッピング利用率はホーチミンがトップ
  • オンラインショッピング利用者はどの都市も20代・30代が中心
  • 商品カテゴリーは「ファッションアイテム」が第一位
  • 利用する理由は「自宅へ配送」「購入のしやすさ」などの利便性

 

20160831_02

調査結果プレスリリースPDF

詳しくは下記のサイトをご参照サイト:

 

お問い合わせ・ご相談・見積もり依頼フォーム

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイ個人起業支援会公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事