新しいアイデアが生まれないと嘆く企業の中にも、実はAさんのように新しいアイデアを持っている人はたくさんいるのではないでしょうか。ところが、それに光を当てるための開発会議や上司との事前会議で「成功の確証」を求めるあまり、新しいアイデアを励まし育むどころか、尖った角を落として凡庸な提案に変えてしまっているのです。

多くの場合、問題は「アイデアを出す方」ではなく「アイデアを評価する方」にあるのです。

詳しくは→ http://globis.jp/article/4581

お問い合わせ・ご相談・見積もり依頼フォーム

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイ個人起業支援会公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事