建造に10年、総工費約3億円をかけた木造観光施設がオープン直前に焼失

2016年5月6日、東部チョンブリ県パタヤで観光施設として約10年かけて建造されていた切り妻屋根の木造建造物が、オープンする数時間前に火事のため全焼した。

 この観光施設「ヴァーンプラヤーマーイ」は、総工費約1億バーツ(日本円:約3億円)で、資材には高価なチークなどが使用されていた。

詳細は⇒ http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=3440&&country=2&&p=2

火災発生は漏電とのことですが、恐らく人災です。安全管理を怠ったためと思われます。

お問い合わせ・ご相談・見積もり依頼フォーム

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイ個人起業支援会公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事