起業後10年後残っているのはたった1割という事実

お勧め記事


youtu.be

24時間働いているに等しい経営者が頑張っていても

1年後に40%

5年後に70%

10年後に90%が廃業している厳しい現実。

10年後に会社が生き残っている確立は1割しかない。

サラリーマンには自由がない。

個人企業経営者は休みもボーナスもない。

でも、私は起業したほうが人生は楽しいと思います。

2016年も諦めず頑張るしかないですね。

Print Friendly, PDF & Email

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超。

お問い合わせ(無料)フォーム

タイの起業で分からない事やお困りの事がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
関連する投稿記事へのリンク

コメント